0551-45-6405

営業時間:
10:00〜18:00
定休日:
毎週水曜日

北杜市の別荘|株式会社セカンドベース > 株式会社セカンドベースのスタッフブログ記事一覧 > 遠方にある不動産を売却する方法や流れをご紹介

遠方にある不動産を売却する方法や流れをご紹介

≪ 前へ|空き家の防犯対策!狙われやすい空き家の特徴と防犯対策の方法をご紹介   記事一覧   不動産の一部を売却する際に必要な分筆に関する基礎知識をご紹介|次へ ≫

遠方にある不動産を売却する方法や流れをご紹介

カテゴリ:不動産売却

遠方にある不動産を売却する方法や流れをご紹介

売却したい不動産があるけれど遠方にあり、頻繁に訪れることができないという方もいるでしょう。
この記事では遠方にある不動産を売却する方法やその流れについてご紹介します。
注意点もあわせてご紹介しますので、遠方にある不動産で悩んでいる方は参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

遠方にある不動産を売却する方法

遠方にある不動産を売却する方法は3つあります。

持ち回り契約

持ち回り契約とは不動産会社と買主、売主の三者間で契約書を郵送し合う方法です。
不動産会社が作成した契約書を買主に送付し、それを受け取った買主が確認して署名・捺印・手付金の振込をし、売主に送付します。
そして売主が手付金を確認後、契約書に署名・捺印し、不動産会社に送付します。

代理契約

もし、売却したい不動産の近くに親戚や知人が住んでいるのであれば、代理人として署名・捺印をお願いすることができます。
ただしトラブルに発展することもありますので、代理人を選ぶ時は慎重におこないましょう。

司法書士に依頼

司法書士は基本的に登記などの手続きをしてくれますが、売買手続きも請け負っている方もいます。
手数料を支払う必要がありますが安心して任せることができるでしょう。

遠方の不動産を売却する流れ

遠方であっても不動産売却の流れはほとんど変わりません。
査定をして、不動産会社と媒介契約を結んだら販売活動がおこなわれます。
一つ異なる点は書類のやり取りが郵送になる点です。
また、引渡しをするときには売主本人もしくは代理人、司法書士の誰かが立ち会う必要があります。
代理人や司法書士に依頼している場合は引渡しの調整についても話し合う必要があります。

遠方からの不動産売却における注意点

遠方である現地に向かうことは大変です。
それでも基本的に「現地に行く」ことをおすすめします。
現地に行かなくても売却することは可能ですが、不動産会社に任せきりになってしまいます。
購入者にも不安を感じさせてしまいますので、できる限り現地に行きましょう。
また、遠方にある不動産を売却するときは、時間がかかることを理解しておきましょう。
書類のやり取りが郵送になってしまうのはもちろん、売却の準備も現地に行けないとなると時間がかかります。
計画的に売却の予定を立てることをおすすめします。

まとめ

今回ご紹介したように、遠方にある不動産を売却することは可能です。
代理人や司法書士への依頼、郵送で書類のやり取りをすることで現地に行かなくても売買契約を締結することができます。
ただ、注意点もありますのでトラブルにならないように気をつけましょう。
北杜市エリアの別荘をお探しでしたら、株式会社セカンドベースお任せください。
快適に暮らせる別荘探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|空き家の防犯対策!狙われやすい空き家の特徴と防犯対策の方法をご紹介   記事一覧   不動産の一部を売却する際に必要な分筆に関する基礎知識をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • アクセスマップ
  • スタッフブログ
  • 売却査定
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社セカンドベース
    • 〒409-1501
    • 山梨県北杜市大泉町西井出8240-1787
    • TEL/0551-45-6405
    • FAX/0551-45-6524
    • 山梨県知事 (1) 第2557号
  • お問い合わせ
  • イエウール
  • イクラ不動産
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


トップへ戻る