0551-45-6405

営業時間:
10:00〜18:00
定休日:
毎週水曜日

北杜市の別荘|株式会社セカンドベース > 株式会社セカンドベースのスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンの残債があっても住み替えは可能?

住宅ローンの残債があっても住み替えは可能?

≪ 前へ|新築一戸建ての購入に必要な登記とは?種類や費用をご紹介   記事一覧   不動産売却に必要な告知書とは?誰が記入する?|次へ ≫

住宅ローンの残債があっても住み替えは可能?

カテゴリ:不動産売却

住宅ローンの残債があっても住み替えは可能?

住宅ローンの残債があっても「家の住み替えは可能なのか」疑問を抱いている方もいるでしょう。
一括返済をしなくても良いなら、住み替えたいと考える方もいるかもしれません。
そこで今回は、住宅ローンの残債がある状態で住み替える方法や、完済できないときの対処法をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンの残債がある状態で住み替えは可能?

家を売却するには、基本的に住宅ローンを完済する必要があります。
理由は、住宅ローンを利用した家に「抵当権」が設定されているため、抹消しなければならないからです。
抵当権は、住宅ローンの返済ができなくなった場合に、住宅を売却して資金を回収するために設定されています。
つまり、住宅ローンの残債がある家を売却するには、売却代金でローンを完済し、抵当権の抹消手続きが必要です。

▼この記事も読まれています
2022年以降の住宅ローン控除!変わったポイントをご紹介

住宅ローンの残債がある状態で住み替える方法

住宅ローンの残債がある場合には、売り先行での住み替えを検討すると良いでしょう。
売り先行とは、現在住んでいる家を売却してから新居を購入する方法です。
ただし、残債以上の価格で売却できる見込みがなければ難しいでしょう。
また、売り先行の場合、旧居と新居の引き渡しと決済日が合わなければ、賃貸物件などで仮住まいをしなければなりません。
売却活動の際に、新居の内見もをしながら同日決済を目指せば、住宅ローンが重複することもなく、スムーズな住み替えが可能です。

▼この記事も読まれています
空き家の防犯対策!狙われやすい空き家の特徴と防犯対策の方法をご紹介

住宅ローンの残債を完済できない場合の住み替え方法

住宅ローンを完済できず、預貯金でも残債が支払えない場合は、住み替えローンを検討しましょう。
通常の住宅ローンは、新居の購入代金しか借り入れができません。
一方、住み替えローンなら、現在の家に残っている住宅ローンと住み替え先の購入資金を借りられ、現金を追加せずに住み替えができます。
ただし、毎月の返済額が現在よりも高額になると、将来的に返済が厳しくなる恐れがあるでしょう。
返済が厳しくなると、住み替え先の家も売却せざるを得ない状態となり、多額の借金が残ります。
そのため、住み替えローンを利用する際には、借り入れすぎない、返済期間を安易に延ばさないことが重要です。

▼この記事も読まれています
空き家を自分で管理する目的や管理方法をご紹介

まとめ

住宅ローンの残債がある状態で住み替えは可能なのか、その方法や完済できないときの対処法をご紹介しました。
基本的には完済する必要がありますが、完済できない場合には、住み替えローンも検討しましょう。
ただし、借り入れすぎない、返済期間を延ばさないことが大切です。
北杜市エリアの別荘をお探しでしたら、株式会社セカンドベースお任せください。
快適に暮らせる別荘探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|新築一戸建ての購入に必要な登記とは?種類や費用をご紹介   記事一覧   不動産売却に必要な告知書とは?誰が記入する?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • アクセスマップ
  • スタッフブログ
  • 売却査定
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社セカンドベース
    • 〒409-1501
    • 山梨県北杜市大泉町西井出8240-1787
    • TEL/0551-45-6405
    • FAX/0551-45-6524
    • 山梨県知事 (1) 第2557号
  • お問い合わせ
  • イエウール
  • イクラ不動産
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


トップへ戻る