0551-45-6405

営業時間:
10:00〜18:00
定休日:
毎週水曜日

北杜市の別荘|株式会社セカンドベース > 株式会社セカンドベースのスタッフブログ記事一覧 > 二世帯住宅が売れにくい不動産といわれる理由は?売却のコツも解説!

二世帯住宅が売れにくい不動産といわれる理由は?売却のコツも解説!

≪ 前へ|不動産購入後に加入する火災保険の補償範囲とは?保険料の相場もご紹介   記事一覧   不動産を探されている方へのお知らせ|次へ ≫

二世帯住宅が売れにくい不動産といわれる理由は?売却のコツも解説!

カテゴリ:不動産売却

二世帯住宅が売れにくい不動産といわれる理由は?売却のコツも解説!

不動産のなかでも、とくに売れにくいのは「二世帯住宅」だといわれています。
二世帯住宅を早く手放したいと考えているものの、いったいどうすれば良いのかわからずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、二世帯住宅の種類や売れにくい理由、売るためのコツについて解説します。

売れにくい不動産である二世帯住宅の種類

一口に二世帯住宅といっても、そのタイプは3種類に分けられます。
親世帯と子世帯との生活空間を家の上下階、もしくは左右に分離し、互いの生活への干渉を最小限に留めているのが完全分離型です。
それに対して、互いの居住スペースは確保しながらもキッチンやお風呂など家の設備の一部を二世帯で共有するタイプを一部共用型と呼びます。
一方、寝室などの個室以外の空間をすべて二世帯で共有する完全同居型もあります。

▼この記事も読まれています
2022年以降の住宅ローン控除!変わったポイントをご紹介

二世帯住宅が売れにくい不動産といわれる理由は?

二世帯住宅が売れにくい不動産といわれている理由として、まず需要がない点が挙げられます。
近年は核家族化の進展に伴い親世帯と別居をする子世帯が増えてきており、二世帯住宅ほどの広い面積を持つ家はあまり必要とされていないのです。
また、建築費が高く付きがちな二世帯住宅を売却する際の売り出し価格が高い点も、売れにくい理由のひとつです。
そのほか、親の死を契機として二世帯住宅を売り出す方は多く、心理的瑕疵物件なのではないかと懸念されかねない点も売れにくい理由といえます。

▼この記事も読まれています
空き家の防犯対策!狙われやすい空き家の特徴と防犯対策の方法をご紹介

売れにくい不動産である二世帯住宅を売るためのコツ

二世帯住宅を売却するコツは、リフォームをすることです。
完全分離型や一部共用型の場合は、リフォームをして間取りを一新するとともに設備をひとつずつにすれば売却できる可能性を上げられます。
また、収益物件を探している不動産投資家に対し賃貸併用住宅として売却することもコツのひとつです。
ただし、二世帯住宅は需要がそれほど高くないため、リフォームをしたとしても買主が見つかるとは限りません。
リフォーム代がそのまま赤字となる恐れがあるので、手間やコストをかけたくない場合は不動産買取業者に買い取ってもらうことをおすすめします。

▼この記事も読まれています
空き家を自分で管理する目的や管理方法をご紹介

まとめ

二世帯住宅の種類は完全分離型・一部共用型・完全同居型の3つに分けられますが、そもそもの需要が少なく、売却するのは困難です。
そのため、二世帯住宅をできる限り早く、かつ費用をかけずに売却したい場合には不動産買取業者に相談するのも選択肢のひとつです。
北杜市の別荘のことなら株式会社セカンドベースにお任せください。
快適に暮らせる別荘探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。


≪ 前へ|不動産購入後に加入する火災保険の補償範囲とは?保険料の相場もご紹介   記事一覧   不動産を探されている方へのお知らせ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • アクセスマップ
  • スタッフブログ
  • 売却査定
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社セカンドベース
    • 〒409-1501
    • 山梨県北杜市大泉町西井出8240-1787
    • TEL/0551-45-6405
    • FAX/0551-45-6524
    • 山梨県知事 (1) 第2557号
  • お問い合わせ
  • イエウール
  • イクラ不動産
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


トップへ戻る