0551-45-6405

営業時間:
10:00〜18:00
定休日:
毎週水曜日

北杜市の別荘|株式会社セカンドベース > 株式会社セカンドベースのスタッフブログ記事一覧 > 土地の購入前に知りたい宅地造成等規制法とは?購入する際の注意点もご紹介

土地の購入前に知りたい宅地造成等規制法とは?購入する際の注意点もご紹介

≪ 前へ|【賃貸済】三分1湧水にも近い戸建賃貸   記事一覧   不動産購入後に課税される都市計画税とは?計算方法や軽減措置をご紹介|次へ ≫

土地の購入前に知りたい宅地造成等規制法とは?購入する際の注意点もご紹介

カテゴリ:不動産の探し方

土地の購入前に知りたい宅地造成等規制法とは?購入する際の注意点もご紹介

購入した土地であれば、自身の好きなように工事できるのか気になる方もいらっしゃるでしょう。
実際には、土地の宅地造成は宅地造成等規制法により、いくつかのルールが定められています。
この記事では宅地造成等規制法とは何か、その注意点についてご紹介します。

宅地造成等規制法とは

そもそも宅地造成とは、宅地以外の土地を宅地として住宅を建てられるように、切土や盛土などの工事をおこない土地の形質を変えることです。
宅地造成工事には、傾斜をなくして平坦にする切土や盛土工事の他、擁壁の設置工事、排水施設の工事などもあります。
このような工事の際に、崖崩れや土砂の流出などの災害が特に懸念される区域内は、都道府県知事により「宅地造成工事規制区域」に指定されています。
宅地造成工事規制区域で宅地造成工事が安全におこなわれるよう規制するのが、1961年に制定された「宅地造成等規制法」です。
内容は、一定規模以上の宅地造成工事をおこなう前に、都道府県知事から許可を得る必要があると言うものです。

▼この記事も読まれています
不動産売却における媒介契約とは?締結時の注意点もご紹介!

土地の購入前に知りたい宅地造成等規制法の注意点とは

宅地造成等規制法で規制される土地を購入し建物を建てる場合は、一般的な土地を購入するよりも工期や費用がかかります。
宅地造成工事にかかる時間はもちろん、許可を得る時間も必要です。
また、土地の価格が安くても、工事費用や発生した残土などの処理費用も必要となります。
その他、建築済み建物でも改善命令を受けるケースがあるのも注意点の一つです。
許可を得た後に建てた建物であっても、経年劣化により強度が弱くなるなど危険性が高くなると、改善しなければなりません。
また、宅地造成工事規制区域で工事をした後は安全面や技術面で検査され、合格すると「検査済証」が交付されます。
昔に検査を受けた場合で検査済証がない時は、役所の開発登録簿などでも検査したかどうか確認できます。
もし、宅地造成規制法により規制されている土地で、工事が完了している土地を購入する場合は検査済証があるかどうか確認しましょう。

▼この記事も読まれています
不動産の売却査定相場を知って高く売る!自分で調べる方法と注意点

まとめ

今回は土地の購入前に知っておきたいこととして、宅地造成等規制法についてと、購入する際の注意点をご紹介しました。
宅地造成工事規制区域の土地を購入する場合は、事前に都道府県知事の許可を得てから宅地造成工事をしなければなりません。
費用もかかる他、工期も長めに見ておいたほうが良いでしょう。
すでに建物が建設されている場合でも改善命令を受ける可能性がありますので、購入前に検査済証や現地の確認をしましょう。
北杜市エリアの別荘をお探しでしたら、株式会社セカンドベースお任せください。
快適に暮らせる別荘探しを全力でサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。


≪ 前へ|【賃貸済】三分1湧水にも近い戸建賃貸   記事一覧   不動産購入後に課税される都市計画税とは?計算方法や軽減措置をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • アクセスマップ
  • スタッフブログ
  • 売却査定
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社セカンドベース
    • 〒409-1501
    • 山梨県北杜市大泉町西井出8240-1787
    • TEL/0551-45-6405
    • FAX/0551-45-6524
    • 山梨県知事 (1) 第2557号
  • お問い合わせ
  • イエウール
  • イクラ不動産
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


トップへ戻る